逢いたい 逢いたい 逢いたいと
強く願ってれば
なんとなく届くような気がしてならないのです・・・

aiko*雲は白リンゴは赤
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - -
やってみなきゃわかんないよね!?
あたし、好きな人が出来てもよっぽど仲のいい子にしか話さないのねたらーっ
もちろん、部活のメンバーになんて絶対無理!!
シマは仲いいけど、口軽いから言えない。笑
だから、みんなには「好きな人いない」で通してる猫2
クラスで一番仲がいい、イマには話しちゃったんだけどね♪

林間のバス席で、あたしはサヤのとなりだったわけさ。
恋バナになって、「パルはどんなタイプが好きなの??」
って言われたから「子どもっぽいけどちゃんと自分を持ってる人」
というちょっと意味不な返答しちゃったの^^;
そしたら、「例えばだれみたいな??」って言われて、
「いないよ!」って言ってたけどしつこいから((笑
「うーん・・・スウみたいなかんじ??」
って言っちゃったたらーっ
実際の好きな人やん!!笑

んで、「そいつでいいんじゃないの?」って言われたけど
「ないないないないない!!」って言ってたわーい
そしたらね!サヤはなんて言ったと思う??

「まぁ・・・スウはやめといたほうがいいと思うけどねー」

えー・・・ポロリ
結構ショックだったよぉ!!泣き顔
そりゃー、不毛な恋してることは重々承知。
叶う確立は極めて低いことも重々承知。
あたしは眼中にないことも、わかってる。
だけど!こんなこと認めてたらキリないじゃん。
恋にピリオド打っても後悔しないときが来るまで、
あたしはあたしなりに、精一杯頑張りたいよ。

ドリカムの「何度でも」より。
あたしが大好きな歌詞。

1000回ダメだって
1001回目は何か変わるかもしれない


いつもあきらめてしまうあたしに、この歌詞のパワーはすごかった^^;

今度は、いつもより頑張りたいんだよ。
少しずつでいい。やれること、やりたいんだよ。

なんもしないであきらめたくないんだよ。

こんなふうに思える人がいるって、幸せだねラブ

登場人物については、カテゴリの「登場人物について☆」をご覧くださいね^^
18:14 * comments(1) * - 恋のこと
やっぱり想いは風化するのかな
あたしが決めた人、もうみんなわかってると思うけど言っちゃうね。

あたし・・・「新しい恋」することにしたよ。
多分、ガクが近くにいたらあたしはまた恋に落ちる。
でもそうじゃないから。

会えない日がどんどん蓄積されていくと
記憶もどんどん埋もれていく。
まだちゃんと覚えてるのに、どんどんセピア色に染まっていく。
ガクは大好き。感謝してもしきれない。
だけど、あたしがいちばん 恐れていた結果になっちゃった。
いつのまにか、あたしは「記憶」に恋してた。
まるで夢を見るように、優しくてあったかい思い出を反芻してた。
なんにも行動できないままに・・・。

こんなこと書いたら言い訳みたいだけど
でも本当に・・・風化してしまっていたんだと思う。

後ろ歩きじゃ、いつかきっとつまづく。
進行方向が見えなくて不安でどうしようもなくなる。
だから、前を見ようと思う。
「リアル」に、目を向けようと思う。

あたしの気持ちの中のリアルは、ガクじゃない。「彼」だ。

ちなみに、またまた異常だけど
両思い願望とかは全くない^^;

「大好きよ、大好き」なんてオーラ出してる自分より
顔合わせれば言い合いして、ふざけあって・・・
お互い負けたくない!って思えるライバルみたいなこの関係が大好き。

気まぐれな女でごめんなさい。
こんなわたしですが、これからもよろしくお願いします。



20:24 * comments(1) * - 恋のこと
笑う門には福来る
今日は金曜日で、頑張って勉強しなくても土日で取り返せるので
パソコン見てます・・・^^;

2週間やらないつもりだったけど、ま、いいよね♪

・・・それから・・・、

たぶん もう、ほとんど心は決まってる。
視線が、鼓動が決定打を打ったことをあたしに知らせる。

だけど、心がついていけないんだ。
自分の出した結果に、とまどってばっかり。
うまく・・・受け入れられない。

だけど決めなきゃいけないことだから。

どちらになったかは、怖くてまだ言えない。
もういいんだ、って思ったほうのひとだってすごく・・・大事な人。
あの人に言われた言葉とか、仕草とか、全部・・・覚えてる。
視線が追いかけないといったらウソになる。
キライだといったらウソになる。
本当は・・・今だって大好きなんだよ。

それでも、やっぱり決めなきゃ。決めなきゃ。
どっちを選べば、あたしは笑顔かなって思って決めた。
笑う門には福来る。この言葉を、今ほど信じたいことはない・・・。
20:02 * comments(1) * - 恋のこと
もしもキミにあったら
街に出るときは、どうしても服に気を遣ってしまう。

会うわけない。わかってる。というか、今は・・・
ガクにも、『彼』にも会いたくないんだよ。

はっきり言って、今ガクに対する罪悪感でいっぱい。
あんなに好きだったのに。他の人も気になるなんて・・・。

本当に、いかれてる。自分が憎くて、どうしようもない。

どちらかに会ったら、すごく胸がしめつけられるに決まってるんだ。

でもやっぱり、服に気を遣ってしまうあたしって・・・バカ。


もしも、ガクに会ったとする。
あたしは凍りついたような顔して気まずそうに目をそらし
「あたしはなんにも見てません」って顔して
自転車のペダルを踏むスピードを上げるんだろう。
彼は独特の目つきでキッとあたしを見て、普通に去っていくんだろう。
彼が遠くに行ったのを、横目でちらりと確かめて
1人で赤面して、ますます自転車のスピードを上げて風を切るんだろう。
火照った頬を冷ますかのように・・・。

もしも、『彼』に会ったとする。
お互い目が合って、あたしは目をまんまるくしてちょっと困ったように
すこぅしだけ、微笑むんだろう。
そしたら『彼』は黒目がちな瞳をちょっとびっくりさせて
いたずらっぽく、真っ黒に日焼けした顔を綻ばせるんだろう。
あたしは胸の高鳴りを静めながら、振り返らないで目的地に急ぐんだ。
そして、ぽけーっとしてる頭で『彼』の微笑みを反芻するんだろう。

・・・どっちが幸せなのか、あたしにはわからない。
どっちに会いたい、と願うのが正しいのか、あたしにはわからない。

ただひとつわかることは、ちゃんとどちらかに決めなきゃ、ってことだけ。
13:54 * comments(3) * - 恋のこと
あたし、最低
あたしは・・・ホント最低。

きっとみんなも軽蔑すると思う。

一度に複数の人好きとか、そういうの許せない人は読まないでください。
続きを読む >>
17:57 * comments(1) * - 恋のこと
きゅーん
なんだかねぇ、ときどきすごーくキュンとするんですたらーっ

いや、理由はよくわからないけど・・・
今さっきも、英語の予習しながらめっちゃキュンキュンしてました汗

無意識に、アイツのこと考えてるのかな・・・。
だとしたら、あたしかなり気持ち悪いかも・・・!!

でもね、多分一時だってアイツを忘れてるときなんてないと思うんだ。

いつもいつも、心の片隅にアイツがいる。
でも、こわい。こうしてガクと話していない日がどんどんすぎていったら、
彼はあたしのなかの思い出のカケラでしかないもん。

思い出はどんどん美化されて綺麗な想い出だけになっちゃうんだろうな。

そんなの、イヤだよ。

不機嫌なアイツも、アイツに言われたキツイ言葉も覚えていたいと思う。
いつも、本当の彼を焼き付けていたいと思う。

何度も何度も、反芻すれば叶うかなぁ。
何度も何度も、噛みしめるように。アイツの思い出をぜんぶ。
20:52 * comments(0) * - 恋のこと
ちいさなことだけど
すごくすごくすごく、うれしいことがありましたラブ

今日、体育祭の結団式だったんですが・・・
ガクも、黄色組でしたラブラブ

黄色いハチマキをまいた人ばっかりの人ごみのなかで
ガクの笑顔を見たときは、もう時間が止まったような気がしました。

男子と女子はほとんど近くにいないし、ちらりと見ただけだけど
腰がぬけちゃうくらい、うれしかったですてれちゃう

やっぱ信じてれば奇跡は起こるんだ・・・。

話せるわけじゃない。ただ、少し近くの場所にいれるってだけ。
でも・・・本当にうれしい。

もし黄色が優勝すれば、同じ優勝の喜びを感じられるんだよね。
もし黄色が無冠だったら、同じ悔しさを感じられるんだよね。

それだけで、じゅうぶん。
一瞬でいい、彼と同じ思いになりたい。
19:49 * comments(1) * - 恋のこと
やっと聴けた
ガクは、Aqua Timezの「決意の朝に」が大好きでした。
優しい顔をしてしょちゅう口ずさんでいる彼を見ていると
あたしまで聴きたくなっちゃって・・・。

CDをレンタルして、MDに夢中で録音しました。
着うたも、もちろん取りました。

毎晩、ガクを思い浮かべながら部屋でMDを流していたっけ。

でも、ガクとの距離が遠くなるたびにMDを聴かなくなりました。

聴いていると、思い出すのは楽しかったころばかりで・・・
苦しくて、いっつも途中で止めていました。

つまり、「ガクとの距離が離れてしまった」っていう現実から逃げてたんです。
思い出すのがイヤで、目をそらしていた。


でも、やっと聴き終えることができました。
ちょっと泣きそうになったけど、優しい顔して歌っている彼を思い出して

とっても、温かい気持ちになれました。

次は、「千の夜をこえて」を聴いてみます。
もし本当に、千の夜をこえたときにまだガクが好き、
なんてことがあるのかわからないけど

あの曲が歌う恋と、あたしの恋のカタチは全然違うけど

それでもやっぱり、聴いてみます。
11:51 * comments(1) * - 恋のこと
こんなに近くにいるのに
同じ敷地の中で、同じ時間に同じようなことをしているのに。

あいつと話すことは、グラウンドに落としたコンタクトレンズを一人で探すよりも
ずっと、難しいようなかんじがする。

本当に欲しいものに手を伸ばすことは、すごく勇気のいることなんだね。
23:13 * comments(0) * - 恋のこと
やっぱり、ホントは
やっぱり、ホントは・・・
少しでも、あのひとのそばにいたいよ。
少しでも、あのひとと話したいよ。
少しでも、あのひとを見ていたいよ。

今日初めてあった、選択の授業。
・・・他のクラスと、一緒にできるチャンス。
あたしの授業に、あのひとがいますように・・・
祈るような想いで部屋に入ってくる人を見ていたけど
やっぱり、いないんだね・・・。

もうすぐ林間学校。係別会議で、先生の話なんて聞かずに
夢中で6組の席を見ていた。

だけど だけど あたしがいちばん、会いたいひとはいない。

5月の体育祭。あたしは黄色組だった。
あのひとは・・・あのひとは、何組・・・?
赤?青?それとも・・・黄色?
同じ組だからって話せるわけじゃない。
それでも、ちょっとでもつながりを見つけたい。それだけだよ。
ちょっとでも、あのひとの近くにいたい。

ただ、それだけなの。

お願いです。神様、もし本当にいるのなら

ちっぽけな望みを 叶えてください。

ただ、そばにいたいだけなのに。
なんでこんなに手が届かないんだろう・・・。
18:22 * comments(0) * - 恋のこと

<< New   /   Old >>